自動運転で世界を取る、ウーバーを追放された男たちが見た夢

Forbes Staff
Biz Carson

トラビス・カラニックとアンソニー・レバンドウスキーは似たもの同士と言える──。両者ともテクノロジーの熱狂的支持者であり、自動運転のアイデアに取り憑かれ
、人生の一時期をウーバーの役員会の重要メンバーとして過ごしたという点で。カラニックとレバウンスキーの2名はウーバーから追放された。ウーバーの共同創業者... 続きを見る

CATEGORY