鎮痛剤乱用がまん延の米国、関連疑う交通事故死は20年で7倍に

CONTRIBUTOR
Tanya Mohn

オピオイド系鎮痛剤などの処方薬の影響下で車を運転し、事故死したと見られるドライバーの数が過去20年間で7倍に増えていたことが分かった。米コロンビア大学
メールマン公衆衛生学部が7月下旬に発表した報告書によれば、こうしたドライバーのうちオピオイド系の処方薬を服用していた人の割合は、1995年の1%から、... 続きを見る

CATEGORY