「家具=西洋文化」の意識を変える、日本人建築家の挑戦

Forbes JAPAN
Forbes JAPAN 編集部

ミラノサローネは世界デビューの場。今年、初めてその機会を得たのが、建築家の榊田倫之だ。彼が現代美術作家の杉本博司と設立した建築設計事務所「新素材研究所
」は、かつて使われていた素材や技法を研究し、現代的に再構築して取り入れるというコンセプトを持つが、日本ブランド「インテリアズ」から発表した家具シリーズ... 続きを見る

CATEGORY