溺死した警備ロボット、スティーブの死と「ロボットの人権」

CONTRIBUTOR
Kalev Leetaru

7月17日、米国の首都ワシントンの商業施設で警備任務にあたっていた警備ロボットが、噴水に転落し“おぼれ死んだ状態”で発見された
。ナイトスコープ(Knightscope)社が開発したこのロボットは、スティーブという名前の勤務開始から1週間目の “新人” ... 続きを見る

CATEGORY