タランティーノの次回作、血みどろの「連続殺人事件」が主題に

CONTRIBUTOR
Dani Di Placido

映画を10本撮ったら引退すると表明しているクエンティン・タランティーノの9作目(「キル・ビル」2作品を1作とカウント)が、1969年にカリフォルニアで
起きたマンソン・ファミリーによる連続殺人事件を題材にした作品であることが発表された。最も著名な被害者、女優のシャロン・テート役にはマーゴット・ロビーが... 続きを見る

CATEGORY