イーロン・マスクが描く「火星移住」計画 100万人規模を視野に

Forbes Staff
Alex Knapp

スペースXの創業者兼CEOであるイーロン・マスクは、2012年に打ち出した火星移住計画の最新状況について語った。マスクは「人類が地球にとどまっていたら
滅亡は避けられず、他の惑星への移住が生き残る唯一の方法だ」と信じている。しかし、なぜ地球から近い月ではなく、火星でないといけないのか。この点について、... 続きを見る

CATEGORY