大ヒット映画「ワンダーウーマン」を生んだ女性映画監督の偉業

FORBES STAFF
Natalie Robehmed

製作費1億4900万ドル(約165億円)のアメコミ原作映画「ワンダーウーマン」(日本では8月25日公開)が、記録的な快進撃を続けている。6月13日時点
で全世界の興行収入は、女性監督による映画としては史上最高額となる4億3850万ドル(約487億円)。2週目の下落率は、近年のスーパーヒーロー映画の中で... 続きを見る

CATEGORY