仕事を休まない米国人、最大の理由は「恐怖感」

CONTRIBUTOR
Kate Ashford

米キャリア情報サイトのグラスドアが今年3月末に実施した働き方に関する調査によると、米国の労働者のうち、勤務先から認められている有給休暇を全て消化してい
る人はわずか23%であることが分かった。また、有給休暇の取得率は54%にとどまるという。これは、2014年の調査結果とそう変わらない数字だ。また、今回... 続きを見る

CATEGORY