希代の日本通CEOがみつめる50年の歴史とこれから [CEO’S VOICE]

Forbes JAPAN
Forbes JAPAN 編集部

014年に日本上陸50周年を迎えたグッチ。パトリツィオ・ディ・マルコは、この記念すべき年に同社の社長兼CEOを務めるに最もふさわしい人物といえるだろう
。その答えは簡単だ。日本語はおろか、関西弁をも操ることができる、筋金入りの日本通だからだ。 「18歳のとき、海外留学の奨学金制度に応募して受かったの... 続きを見る

CATEGORY