日本にもやってくる「理不尽な社会」を生き抜くための最強の武器

Official Columnist
首藤 淳哉

その日、新潮社本館のロビーは、遅い時間だったこともあって閑散としていた。1959年竣工の年季が入った建物だ。古いビル特有の低めの天井の下、老舗ホテルの
ロビーにもありそうなソファーが並んでいる。人がいないと余計に重厚感あふれる建物が意思をもって迫ってくるような気がして、なんだか尻込みしてしまう。いま廊... 続きを見る

CATEGORY