中国人留学生、自国での就職希望者が増加 各国の雇用情勢を反映

CONTRIBUTOR
Kenneth Rapoza

世界第1位の経済大国である米国で学んだ中国人学生のうち、第2位の自国に戻って就職する人が増加している。中国政府の統計によれば、外国に留学した中国人学生
のうち、帰国して仕事に就いた人の割合は2016年、約82%に上った。2012年には、約72%だった。北京のシンクタンク、21世紀教育研究所はその理由と... 続きを見る

CATEGORY