日本の未来をよくするカギは「タンス貯金」にあり

CONTRIBUTOR
藤野 英人

半導体部門を売却する決断を下した東芝。シャープのように、外資系企業に買収されるのか? 筆者は、日本の未来のためにも自宅に眠る「タンス預金」を使うときが
きた、と訴える。台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業が、シャープを買収する契約を結んだのが2016年の4月初めだった。当時の鴻海のシャープ株の取得価格は1株... 続きを見る

CATEGORY