「孤独」から逃れる方法はあるのか? ミレニアル世代記者の考察 

Contributor
Caroline Beaton

ある凍てついた闇夜、百貨店メイシーズ経営者のイジドー・ストラウスとその妻は、沈みゆくタイタニック号の甲板に立っていた。救命ボートには妻の席が確保されて
いたが、彼女は「私たちの運命は一つです。あなたの行くところへ私も行きます」と言い、頑なに夫のそばから離れなかった。それが、人々が見た40年連れ添った夫... 続きを見る

CATEGORY