東芝に見る「海外進出における企業統治」の教訓

CONTRIBUTOR
伊藤 隆敏

“東芝の不適切会計”とその後の混乱は必ずしも対岸の火事ではない。日本企業は、海外進出における企業統治という観点から考える必要が
ある。東芝がアメリカ原子力事業関連の巨額損失を抱えて苦境に立っている。東芝は2015年、不正会計(数年にわたるPC事業や半導体事業における利益水増発覚... 続きを見る

CATEGORY