ベビーブーマーからミレニアル世代へ、米ワイン業界が「伸び悩み」に直面

CONTRIBUTOR
Thomas Pellechia

アメリカでは1968年から20年にわたり、いわゆるベビーブーマー世代の貢献によって1人当たりのワイン消費量がそれまでの2倍に増加した。今でもその世代は
、米国内のワイン売上の約40%を占めているが、彼らの存在がワイン業界の今後に暗い影を落とす可能性がある。世論調査会社ギャラップが2005年に実施した調... 続きを見る

CATEGORY