「一発屋」疑惑のGoPro、新たなコスト削減でコア事業に集中へ

Forbes Staff
Lauren Gensler

ウェアラブルカメラのGoProに対しては長い間、投資家やアナリストの間で「一発屋」疑惑が浮上していた。同社の株価は過去12か月で3分の1下落し、現在の
株価は約8ドル(約902円)。空売りも多く、現在は同社の株の30%が空売りされている。そんな中、3月15日、GoProは270名の人員削減を行うと発表... 続きを見る

CATEGORY