「共生」という思想を超えて[田坂広志の深き思索、静かな気づき]

CONTRIBUTOR
田坂 広志

1977年にノーベル化学賞を受賞した、イリヤ・プリゴジン博士が、かつて、その著作の中で、次の言葉を述べている。我々人間は、自然から生まれて、なお、自然
の一部である。この思想は、21世紀において、極めて重要な思想となっていくだろう。なぜなら、我々は、永く続いた欧米文化の影響で、「自然」と「人工」という... 続きを見る

CATEGORY