「世界の工場」で復権目指す中国 ベトナムの追撃に対抗姿勢

CONTRIBUTOR
Ralph Jennings

中国はかつて世界の工場だった。2011年には米国を抜き、世界最大の製造品生産国になった。工場は所得水準を上げるエンジンになり、中国の国民1人当たりのG
DPは2013年までの10年間で倍増した。だが、中国は経済成長や環境のサステナビリティを確保するため、2011年ごろから国内消費やサービスセクターへの... 続きを見る

CATEGORY