ウーバーのボイコット運動、セクハラ黙認疑惑で再燃

CONTRIBUTOR
Georgene Huang

トランプ大統領の入国禁止令をめぐりソーシャルメディア上で始まった、配車アプリのウーバーに対するボイコット運動「#DeleteUber(ウーバーを削除し
よう)」が、先週末から再び勢いを得ている。そのきっかけとなったのは、たった一人の女性エンジニアだった。スーザン・J・ファウラーがウーバーを最近退社した... 続きを見る

CATEGORY