ブランドではなく「消費者」がブランドの時代に

CONTRIBUTOR
Barbara Thau

筆者は先日、通信大手ベライゾンの店で見つけたケイト・スペードの携帯カバーに一目ぼれした。一緒にいた若い店員も、そのカバーの斬新なデザインを気に入ってい
た。だが彼女は、デザイナーの名前がばっちり入っているのが気に入らないと言っていた。ロゴがあることで、携帯電話が自分ではなくデザイナーに重点を置いたもの... 続きを見る

CATEGORY