社会への貢献を実感できる仕事、米では「整形外科医」が1位

FORBES STAFF
Karsten Strauss

新年を前に、個人としても仕事の上でも生活を向上させたいとの考えが頭に浮かぶ時期だ。より良い世界のために貢献したいという気持ちが高まっている人もいるかも
しれない。企業の給与などに関する情報を収集・提供するペイスケール・ドットコムは先ごろ、約46万6,000人を対象に米国で実施した「あなたの仕事はより良... 続きを見る

CATEGORY