AIが小説を書く、その仕組みと未来

Forbes JAPAN
Forbes JAPAN 編集部

AI小説家が書いた小説が、「第3回星新一賞」の一次審査を突破した。コンピュータの感性は、どこまで育ってきたのか。“その日は、雲が低く垂れ込
めた、どんよりとした日だった。部屋の中は、いつものように最適な温度と湿度。洋子さんは、だらしない格好でカウチに座り、くだらないゲームで時間を潰している... 続きを見る

CATEGORY