グーグルの未来を担う黒人女性 オバマの選挙参謀がIT業界に転身

CONTRIBUTOR
Katheryn Thayer

企業が多様な人材を活用するダイバーシティ・マネジメントを推進するようになって久しい。そのような状況下で、グーグル社は昨年初めて「黒人コミュニティ・エン
ゲージメント部長」なるポストを公募した。応募者の中から選ばれたのは、エンタテインメント業界出身の女性、ヴァリーシャ・バターフィールド・ジョーンズだ。現... 続きを見る

CATEGORY