アメリカで65歳未満の認知症発症率が低下、調査で新たな発見

CONTRIBUTOR
Howard Gleckman

新たな全国調査によって、65歳未満のアメリカ人の認知症発症率が低くなっていることが判明した。米国医師会雑誌(JAMA)に掲載されたこの研究報告は、過去
にアメリカで実施された地域調査や、近年ヨーロッパで実施された研究の結果を裏付けるものだ。認知症関連の疾患の有病率が低下した原因は、非常に複雑だ。しかし... 続きを見る

CATEGORY