米5自治体が砂糖入り飲料に課税へ、飲料メーカー大手は対応を本格化

Forbes Staff
Maggie McGrath

大統領選が行われた11月、米国では複数の市や郡で炭酸飲料など砂糖入りの飲料に課税する「ソーダ税」導入の是非を問う住民投票が実施された。その結果、新たに
5つの自治体で、賛成派が多数となった。フィラデルフィア市に加え、新たに砂糖入り飲料が課税対象になることに決まったのは、カリフォルニア州のサンフランシス... 続きを見る

CATEGORY