働く人が「世界を悪くしているかも」と感じている業種10

FORBES STAFF
Karsten Strauss

人は、自分の仕事が世界をより良いものにすると感じたいものだ。もちろん、誰もが“大いに社会貢献をしている”と主張することはできな
いが、少なくとも、自分が社会に及ぼしている影響がネガティブなものではないと信じたい。だが、一部の業界では、自分たちの仕事が社会に悪影響を与えていると考... 続きを見る

CATEGORY