国際線で勝負する、ANAホールディングス「攻めの姿勢」の理由

Forbes JAPAN 編集部
山本 智之

2016年3月期決算では連結営業利益1,364億円(前期比49%)の過去最高益を記録。社長就任1年目の好業績は「『やんちゃさ』や『気概』」を持った&r
dquo;大きな挑戦”の通過点に過ぎない【社長力ランキング2016 6位】。社長就任1年目の好業績は「やんちゃさ」や「気概」を持った&rd... 続きを見る

CATEGORY