細胞医療で病気よさらば? 「未来の医療」で社会はどう変わるか

Forbes JAPAN
Forbes JAPAN 編集部

20年後には、iPS細胞は市民権を得た治療法になっていることはもちろん、「細胞医療」の時代に入っていると思います。正常な細胞や間葉系幹細胞、iPS細胞
などにゲノム編集を加えて、さらに能力の高い細胞を生み出したり、反対に、好ましくない能力が消された細胞を生み出したりして移植する治療が始まっているのです... 続きを見る

CATEGORY