米ドラッグストアチェーン、遠隔医療サービスを「皮膚科」にも拡大

CONTRIBUTOR
Bruce Japsen

米国最大のドラッグストアチェーン、ウォルグリーン・ブーツ・アライアンスは9月19日、スキンケアに関するプラットフォームを立ち上げた。皮膚科医とビデオチ
ャットで相談できるなどのサービスで、急速な成長を遂げつつあるデジタル医療の取り組みの一環だ。ウォルグリーンでは既に、テレヘルス(遠隔医療)サービスを提... 続きを見る

CATEGORY