マクドナルド、KFCが進める中国事業の改革 アリババとの連携も

FORBES STAFF
Yue Wang

ファストフード大手のヤム・ブランズは、より多くの中国人顧客を獲得するために、現地企業への中国事業の株式売却を決めた。KFCやピザハット、タコベルなどを
運営するヤム・ブランズとマクドナルドは、中国事業の回復に向け現地資本の導入に動いている。かつて彼らの事業拡大を牽引した中国市場は、食の安全を巡る不祥事... 続きを見る

CATEGORY