米国へのメキシコ人不法移民、10年で8割減 「壁」は不要?

CONTRIBUTOR
Stuart Anderson

米国とメキシコの国境に壁を作るという主張の根拠は、「国境を越えて不法入国してくるメキシコ人の数が増加し続けている」というものだ。だが、米国政策財団(N
FAP)が先ごろ発表した調査結果によると、米南西部の国境で不法入国により逮捕されるメキシコ人の数は、実際には2005年から2015年までの間に82%減... 続きを見る

CATEGORY