アレルギー薬価を8年で400%つり上げのマイラン、CEO報酬は671%増

CONTRIBUTOR
Emily Willingham

米国では2007年以降、急性アレルギー反応の症状(アナフィラキシー)を緩和する自己注射薬「エピペン(EpiPen)」の価格が400%上昇、同薬を製造・
販売するマイラン製薬(Mylan Pharmaceuticals)への批判の声が高まっている。さらに、同社のヘザー・ブレシュCEOの年収が同年から67... 続きを見る

CATEGORY