「持ちたい感情/避けたい感情」のためにいくら払える? 最も価値がある感情とは

CONTRIBUTOR
Paula Davis-Laack

つかの間の穏やかさや静けさのために、いくらなら払ってもいいだろうか──自分の仕事と4歳になったばかり娘の世話でいつにも増して忙しかった数日前、そんなこ
とを考えてみた。現代の私たちは誰もが、非常に大きな仕事と生活のプレッシャーの下で生きている。私たちは、「多忙依存症」の文化をつくっているのだ。仕事で恥... 続きを見る

CATEGORY