「病気のリスクを軽減させる運動」とは、どれほどのものか?

CONTRIBUTOR
Alice G. Walton

運動が多くの病気や不調のリスクを軽減させることは、もはや議論の余地はない。問題は、どのような運動を、どれだけするべきなのか。各保健機関や政府が呼びかけ
ている標準的な水準は、1週間に適度な運動を150分、あるいは激しい運動を75分というもの。しかし新たな研究報告は、少なくとも病気を予防するためには、そ... 続きを見る

CATEGORY