世界最大の配車アプリ連合「ウーバーx滴滴」 評価額は3兆5000億円に

Forbes Staff
Brian Solomon

ウーバーは8月1日、中国事業を同国の配車アプリ最大手「滴滴出行」(ディディチューシン)に売却することを発表した。これまで中国で積極的なサービス展開を図
ってきた同社が事業拡大を断念したことに、業界関係者らは驚きの声を上げている。滴滴は立ち上げから2年が経つウーバーの中国事業を買収した上で、10億ドルを... 続きを見る

CATEGORY