「したたかじゃない女性なんていない」小池百合子、へたれ男たちとの勝負史24年

Forbes JAPAN 編集部
藤吉 雅春

「やっぱり勝負しないとイヤなんです」小池百合子からそんな言葉を聞いたのは、11年前のことだ。郵政民営化をかけた2005年の選挙で、「刺客第一号」として
圧勝してから11年。今度は都知事選で次点に100万票以上の大差をつけた。勝因は何だろうか。政界進出して24年。その間繰り返してきた彼女の勝負の歴史に、... 続きを見る

CATEGORY