中高年スタートアップは成功率が高い? ステキな「人生二毛作」モデル

CONTRIBUTOR
電通総研 Bチーム

千葉の商人だった伊能忠敬が暦学・天文学に没頭するため、隠居したのは49歳。残りの半生で天体観測、地図測量において大きな実績を残した。約200年後の日本
。人生のセカンドステージでの起業は新たな価値モデルになり得る?「スタートアップ」「起業」「新規事業開発」といった言葉からどんな人物像をイメージするだろ... 続きを見る

CATEGORY