大量生産はじつは「非効率的」だった?

Forbes JAPAN
Forbes JAPAN 編集部

1個ずつ作ったほうが、コスト削減につながる――。そんな、大量生産の仕組みを真っ向から否定するエンジニアがいる。生物学の知識を生かし、細胞のメカニズムを
モデルにした彼のアイデアは、製造業に革命を起こせるだろうか。 1980年代にトヨタ自動車の生産方式をモデルに始まった“リーン生産方式(無駄を省いた生... 続きを見る

CATEGORY