米国の若者「恋人より親と同居」が増加 理由は不況以外にも

Forbes Staff
Samantha Sharf

米国ではこの130年で初めて、一人暮らしやパートナーなどと同居する若者の数を、親と同居する若者の数が上回った。米世論調査機関ピュー・リサーチ・センター
による2014年の国勢調査データの分析によると、18~34歳の若者の32.1%が親と同居。これに対して、配偶者や恋人と同居しているのは31.6%だった... 続きを見る

CATEGORY