VRは認知症の救世主となるか?

Forbes JAPAN 編集部
谷本 有香

初夏の風が心地よい5月の日曜午後、様々な分野の専門家がサービス付き高齢者向け住宅、銀木犀薬園台に集まった。バーチャルリアリティ(VR)を使い、認知症を
仮想体験する、その名も「VR認知症プロジェクト」に参加するためだ。彼らが装着しているのは、ヘッドマウントディスプレイと呼ばれる装置で、これを身につける... 続きを見る

CATEGORY