鎮痛薬「プレガバリン」の服用で、先天異常の発生率上昇の可能性

CONTRIBUTOR
CJ Arlotta

痛みや不安を軽減する目的で一般的に処方されている薬が、新生児の先天異常につながる可能性があるという。これは、米国神経学会の機関誌「Neurology」
で発表された研究報告が指摘したものだ。同研究では、妊娠中に神経や筋肉の痛みを治療するのに使われる薬プレガバリン(商品名リリカ)を使用することでもたらさ... 続きを見る

CATEGORY