アップルは中国を自動運転カーの実験場にする 米アナリストの観測

CONTRIBUTOR
Rahil Bhagat

5月12日、アップルが中国版ウーバー「滴滴出行(ディディ・チューシン)」に10億ドル(約1,090億円)を出資することが報じられ、関係者に衝撃が走った
。これまでアップルは同社の自動車関連の取り組みについて、ほとんど何も明かして来なかった。それが急に中国企業への出資を決めたことは、突飛な戦略にも映る。... 続きを見る

CATEGORY