「パナマ文書」に名前があったらどうする? 危機管理の専門家が対応を指南

CONTRIBUTOR
Nelson Granados

国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)は5月9日、パナマの法律事務所モサック・フォンセカから流出した情報に含まれていた20万を超えるオフショア企業
の社名を検索可能なデータベースの形で公開した。データ量が2.6テラバイト余りに上る「パナマ文書」を最初に入手したドイツの南ドイツ新聞とICIJによると... 続きを見る

CATEGORY