嫌な職業ランキング、米国人の1位は「新聞記者」

FORBES STAFF
Karsten Strauss

新聞記者たちは従来、職場に人出が足りない、過重労働を強いられている、給料が安すぎる、そのうえ終わることのない読者獲得や利益確保のための戦いを強いられて
いると感じてきたという。ニュースがインターネットで配信されるようになり、2000年代半ば以降は世界中の紙媒体が、ネットに取って代わられるのではとの危機... 続きを見る

CATEGORY