3Kと呼ばれた現場を「最先端」に、難題に挑むコマツの挑戦

Forbes JAPAN 編集部
藤吉 雅春

コマツにテレビや新聞の取材が相次いでいる。3Kと呼ばれる土木建設の現場。そこに、建設機械を供給するメーカーが脚光を浴びる理由は、日本が抱えた難題を「解
決する切り札」と見られているからだ。集中豪雨、人手不足、地方の衰退。こうした壮大なテーマに最初から立ち向かおうとしていたわけではない。大橋徹二は201... 続きを見る

CATEGORY