米パラマウントが中国に株式売却 ワンダ、アリババらが候補

CONTRIBUTOR
Doug Young

中国のハリウッド好きはピークを迎えているのかもしれない。不動産王、王健林(ワン・ジエンリン)氏のワンダ・グループやアリババなどの中国企業が、名門パラマ
ウント・ピクチャーズの株式取得の有力候補とささやかれているのだ。こうした中国の動きは25年以上前、ユニバーサルとコロンビアが、パナソニックやソニーとい... 続きを見る

CATEGORY