ヘッジファンドが希望を託す「世界3大マイナス要因」

Forbes JAPAN 編集部
高野 真

相場が一方向に動き、かつボラティリティが高まる昨今の環境は、ヘッジファンドに大きなベットのシナリオを提供する。第1は原油安シナリオ。シェールガス革命や
中国を中心とする新興国経済の悪化など需給悪化はあるものの、根本にはOPECの価格支配力低下という枠組み変化がある。原油の生産コストは1バレル10ドル以... 続きを見る

CATEGORY