グーグルがスーパーマーケットの強敵に?食料品の買い方を変えるサービスを拡大

Forbes JAPAN
Forbes JAPAN 編集部

米国の平均的なスーパーマーケットの面積は4,274平方メートル。平均的なミレニアル世代の若者たちは、そうしたスーパーまで車を走らせ、駐車し、そこから1
5メートル近く歩いてカートを確保し、必要な食料品を選びながら歩き回ってカートの中に積み上げ、レジの前に並び、また15メートル歩いて車に戻って家に帰り、... 続きを見る

CATEGORY