10代に慢性疲労症候群が増えている?

CONTRIBUTOR
Forbes.com CONTRIBUTORS

この病気には3通りの呼び方がある。もっともよく知られているのが「慢性疲労症候群(CFS)」、別名「筋痛性脳脊髄炎(ME)」、そして一番新しい呼び名は米
国医学研究所(IOM)が提案した「全身性労作不耐性疾患(SEID)」だ。これだけ違った病名が使われていることからも分かるとおり、慢性疲労症候群は病理学... 続きを見る

CATEGORY