進む雇用の多様化、女性が生き残るには?

Forbes JAPAN 編集部
大木戸 歩

育児中の女性の間で、限られた時間を活用して働き続けようという動きが広がり始めた。こうしたニーズに細かく対応するサービスも登場し、働き方の多様化が進んで
いる。「労働時間が他の正社員より短くても、能力を発揮して企業に貢献できる女性を評価する機運が高まっており、出産後に退職したとしても、仕事に復帰しやすい... 続きを見る

CATEGORY